赤ちゃんと英語 | 子供のための英会話教室で、英語を話す人を育てよう

子供のための英会話教室で、英語を話す人を育てよう

赤ちゃんと英語

お母さんとともに

人の子供時代が最も多くのことを吸収することが出来るという話は別の記事に書いたとおりですが、子供時代の中でもいちばんその能力が高いのは、赤ちゃん時代だと言えます。
赤ちゃんの頃、人は最もよく言語を習得し、使いこなすことが出来るようになるのです。それをねらい、英会話専門学校の中には、赤ちゃんコースを設けて早いうちからの英会話教育を呼びかけているところがあるのです。
そのような英会話専門学校では、たいていは赤ちゃんと一緒にお母さんがクラスに入り、授業をうけることになります。
赤ちゃんとお母さんが一緒に学ぶことによって、英会話の基礎的な部分を専門学校で終わらせるのではなく、家庭にも持ち帰ることが出来るわけです。

少人数のクラス

小学校に上る前の子供たちというのは、ハイハイを覚えはじめて先、さまざまなモノに興味を持つようになり、ちょっとしたことで大騒ぎが始まります。
お母さんにとっては微笑ましくも大変な時間であり、それは子供のための英会話専門学校でも同じことです。
何組も何組もお母さんと赤ちゃんが現れ、大人数を一気に教えるとなったら大変でしょう。あちこちをハイハイする子供が何人も……となると、控えめに言っても阿鼻叫喚という感じがします。
……というのは、もちろん冗談交じりに書いたことではありますが、英会話専門学校ではクラスがシッチャカメッチャカにならないよう、赤ちゃんの英会話に関しては「少人数制」を基本としています。
最小単位は、講師の先生とお母さん、そして赤ちゃんの3人で1クラスということになっています。
いわばマンツーマンの、密度の高い授業が行われているのです。

Copyright (c) 2015 子供のための英会話教室で、英語を話す人を育てよう all reserved.